ホーム 西薗守住空間設計室〔福岡市の設計事務所〕
 事業内容
こだわり
作品紹介
設計室の案内
問い合せ
リンク

 ”家族とのふれあい(家族の絆)の家”であり、”家族の成長と共に歴史を 刻む『家族が幸せになれる家』”を創る為に心がけている事、それは家族のライフスタイルに合わせながら、敷地の特性(風景)を活かし、かつ自然の光・風を最大限に取り入れる自由な発想による自由な設計。
住宅の設計にあたり、常に心がけること
1. 家族のライフスタイルに合わせる
 住む人のライフスタイルを第一に考えると共に、住む人が想像し得なかった住空間をご提案する事を心がけています。
2. 自然のエネルギーを生かす
 光や風、その土地の風景・樹木など自然の持つエネルギーをプランに取り入れることは、健康な生活を送ることにつながると思います。
3. 景観に配慮した佇まい
 住宅は街並みを形成する大切な要素です。外構も含めその土地の街並みに調和した美しい佇まいをご提案したいと思っています。
4. ゆとりを生む空間
 ウッドデッキのように内と外をつなぐクッションのような役目を持つ空間があれば、自然(四季)はより身近なものとなり、生活に潤いと広がりを与えてくれると考えます。
5. 居心地にこだわる
 外の景色の見えるキッチン、朝の光が入るダイニング、一日の疲れを癒してくれる坪庭付きのお風呂など、使いやすさと同時に居心地にもこだわりたいと思います。
6. 家族とのふれあい
 例えば、階段・吹き抜けを生活空間(居間)に設けることで家族の気配が感じられるようになります。ダイニングリビング・キッチン中心の間取りで、自然に皆が集まりコミュニケーションできるプランをご提案したいと思います。
7. キッチンをコミュニケーションの場に
 毎日の食事の用意・後片付けなど、キッチンで過ごす時間は割合長いものです。使い勝手と同時に、家族とのコミュニケーションが取れることがポイントになります。特に小さなお子様がいる場合は見通しにも配慮し、効率良く楽しく作業できるスペースをご提案したいと思います。
8. 勉強もコミュニケーションの一つに
 例えば、お子様の個室は寝るためのスペースを必要最小限と考え、別に家族全員で勉強できる明るく、風通しの良い、大きなテーブルのあるコミュニケーションスペースをご提案したいと思います。
9. 住まいへの愛情
 ご家族全員が作り手の一員となっていただくことで住まいへの愛着が増し、思い出の詰まった家になっていくと考えます。


西薗守 住空間設計室 【福岡市の設計事務所】


 Copyright(C) 2006 Nishizono Mamoru-JukukanSekkeisitsu.All rights reserved.